旅行で楽しむランチやディナー

ランチやディナーを楽しむ時は

私は、近場でランチやディナーや各種プランを利用する場合は、友人達のクチコミや、情報誌、ネットなどで探します。よくレディースプランや期間限定プランなどお得に楽しめるものがたくさんあるんですよね。特に、女性専門のフリーペーパーなんかは狙い目ですよ。
国内旅行する際は、もっぱらネットや旅行社のパンフレットが多いかな?旅行者のパンフレットはホテルの写真も詳しくのっているし、いろんなホテルを比べ安いのが便利。ネットはやはりクチコミやいろんなプランを吟味できるのがありがたいです!旅行の目的に合わせて、駅近にするか、観光地内にあるか、考えるのがポイント。
一番大変なのは、海外旅行の際のホテル探し。慣れていないのもあるのですが、海外のホテルって気後れしてしまうんですよね。やはり、旅行の達人のブログや、初心者のための心得が載っているサイトやブログから、自分の旅行目的に合った安心できるホテルを探します。

モンスターペアレント?

にゃーにゃーにゃーにゃー…いくら動物好きでも、私のイライラは確実に上昇していました。新幹線では270円支払い、札さえつければペットの乗車が可能です。
しかし、今にゃーにゃーと鳴いている猫は、ケージに入っていないのです。
飼い主の女性は「寂しがり屋さんですねー。もうすぐお家ですからねぇ」と白くて毛並みのいい猫を撫でるだけ。
ケージは女性の足元に置いてあるのだから、ケージに入れるのはマナーだろう…私の乗っていた車両の乗客全てが思っていたでしょうが、不穏な雰囲気にも気づかない女性。
そんな時、スーツを着た30代と思われる体格の良い男性が女性の前につかつかと行き、「ペットの持ち込みは許可されているが、その猫が急に暴れて他の乗客に怪我をさせたり、爪で服をだめにするかもしれないと考えたことがありますか?アレルギーの方だっているかもしれないんですよ」私は内心よくは言った!
と男性を応援してしまいましたが、飼い主の女性は男性を睨みつけると、「この子は寂しがり屋さんだからケージに入れたら可哀想なんですよ!」と凄い剣幕。
最終的には車掌さんが丁寧に女性に注意して、女性はしぶしぶ猫をケージに入れたのですが…。
ペットは家族、という方の気持ちも分かります。とはいえ、公共の乗り物ではマナーを守るのは義務。一部の心無い人のために、マナーを守ってペットと乗車している人まで追い出されないか心配になった一幕でした。

Copyright (C)2017旅行で楽しむランチやディナー.All rights reserved.